うたわれるもの 第20話「初陣」

 クンネカムン編開始。これ終わったら最終章だけど、正直ここで泣くよ。たぶん。

 とある夜、トゥスクル城内に入り込んだ賊は、ゲンジマルの代行でクーヤがきたことを知らせにやってきた彼の孫、サクヤだった。
 ※ 先行組が「サクヤキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!」って騒ぐから別にそんな目立つキャラでもないしなぁと思ったら声が水橋かおりか。
 ということでそれでも皇の部屋までたどり着いたサクヤはハクオロをクーヤの元へ。

 しかし今回はそれをエルルゥに見つかってしまった。

 クーヤ「今日はそなたがわが国からを室を迎えるという話だ」
 エルルゥ「室ぅ!」


 ということでエルルゥもクーヤと引き合わせることになったハクオロ。
 で、問題の室だが……
 クーヤ「余はサクヤをそなたの室にと思っている」
 サクヤ「えーっ、そんな話聞いてないですぅ!」
 クーヤ「うん、言っていない
 クーヤ「どうだハクオロ、サクヤほどの働き者の器量よし、他にはいないぞ」
 クーヤ「しかも、床上手だ!」
 エルルゥ「床上手ぅ!」
 サクヤ「あ、あのー。クーヤ様?」
 クーヤ「ああ、サクヤが寝床を整えてくれるととてもよく眠れるのだ」

 それは床上手って言わねーっ!

 しかし説明もできない。サクヤ&エルルゥ。

 クーヤ「で、どうなのだ。サクヤは余にとって大切な友なのだ」
 クーヤ「だからサクヤには幸せになってもらいたい」
 クーヤ「そこで余の付き人ではなく、そなたの室に入れたいと思ったのだ」
 ハクオロ「しかし、サクヤがいなくなるとクーヤは困るのではないか?」
 クーヤ「あ、そうであだった」
 クーヤ「すまぬ、この話は今一度考えさせてくれ」

 即撤回かよ!


 思慮が浅すぎるよ。皇。

 しかししばらく会えなくなると言うクーヤ。
 周辺各国がクンネカムンに邪な気持ちを抱くものがいるらしい。
 近々戦争になるかもしれない。そうなるとこうして会うこともできないだろうとのことだった。

 そして……
 ベナウィ「クンネカムンに攻め入ろうとしている国はエルムイと思われます」
 小さな部族が寄り集まっているだけの小国だという。
 しかし、問題なのはエルムイと同盟関係にある三大強国のひとつ、ノセチェシカの動き。

 ※ ここで言う「三大強国」とは
 ※ クーヤ・ゲンジマル・サクヤのいたクンネカムン
 ※ 今出てきたノセチェシカ
 ※ そして最後におなじみのニウェのいたシケリペチム
 ※ シケリペチムはニウェ死亡のためすでに滅んでいるのだが、トゥスクル領にすることをハクオロは拒んでいたはず、実際のところどう処理したのだか。

 ノセチェシカが動いてクンネカムンと戦うことになるとすれば、クンネカムンはひとたまりもないだろう。
 しかしベナウィの分析は違っていた
 ベナウィ「クンネカムンには得体の知れない力があると聞きます」
 ハクオロ「得体の知れない……」


 夕方、政務を終えて部屋に戻ろうとしたハクオロにオボロがあわてて声をかけてきた。
 カミュがアルルゥの首に噛み付いて血をすすっていたという。
 傷はエルルゥが治療するが、カミュはどこかに消えてしまった。
 探しに出ようとするハクオロとオボロだが
 アルルゥ「アルルゥも探す」
 アルルゥ「アルルゥもカミュちー探す!」

 とガチャタラをつれて出て行く
 オボロはユズハに部屋に戻るように言うが
 ユズハ「待ってる。カミュちゃんが帰ってくるまでここで待ってる」

 カミュ捜索は夜まで続いていた。
 ハクオロは月が満月なのを見て昔カミュが城の外の湖にいたことを思い出す。
 駆けつけると、そこにはやっぱりカミュがいた。
 カミュ「カミュね、一人だけ違うんだ」
 カミュ「カミュだけこんな真っ黒な翼で、カミュ一人だけ違うの……」
 カミュ「この黒い翼は偉大な始祖様の血を強く受け継いでる証なんだって」
 カミュ「それでどこも特別扱いされて、みんなよそよそしくって……」
 カミュ「カミュ、ここに来るまでお友達いなかったの……」
 カミュ「お姉ちゃんみたいな白い翼だったらあんなことしなかった……」
 カミュ「やだよぉ……アルちゃんに嫌われたじゃない……」
 カミュ「アルちゃんは初めての友達なの! 本当に初めての友達なの……」
 ハクオロ「大丈夫だ」
 ハクオロ「アルルゥがあれくらいのことを気にするはずがないだろう」
 カミュ「でも……」
 アルルゥ「カミュちー見つけた」

 アルルゥがやってきた。オボロもウルトリィやエルルゥもいる。
 ハクオロ「みんなカミュのことを心配していたんだ」
 ハクオロ「友達だからな」

 アルルゥが手を引いて、カミュと城に戻る。
 ユズハは言葉通り、ムックルと一緒に最初の場所で待っていた。
 ユズハ「お帰りなさい、カミュちゃん、アルちゃん」
 カミュが泣いた。

 ハクオロ「エルムイがクンネカムンに侵攻を?」
 ベナウィ「はい。ノセチェシカも進軍を開始した模様です」
 ハクオロ「始まったか……」

 ちょうど茶を出していたエルルゥの耳にも届いていた。
 エルルゥ(クーヤさん……)

 ノセチェシカの軍勢を迎え撃つクンネカムン側から現れたのは……
 人の数倍もある人型の人形だった。
 その中にはクーヤをはじめとするクンネカムンの兵が乗っている
 クーヤ「我らに牙を向けばどうなるか、世に知らしめる時が来た! 行くぞ!」
 兵「御意」


 巨大な人形が兵の中に突っ込む。そこには戦術も戦略も存在しない。
 その巨体でやすやすと前線を押しつぶすと、兵たちをその両手でその手にある武器で、払い飛ばす。
 非力な兵たちは悲鳴を上げるまでもなく数人単位で弾き飛ばされ、勢いの強いものはバラバラになった。
 しばらくするともうそこには血と肉塊しか残っていない。
 ノセチェシカの皇はクーヤの機体に襲い掛かろうとするが、これもクーヤに一刀両断された。
 ※ この部分、カルラさんがシケリペチムでやったように両断した段階で両断されておくべきで、いかにも「アニメ的」になってしまっているのが残念。
 ※ まぁ皇なので最後くらいは演出してあげたい気もわからないではないが。せっかくシケリペチムであれだけやったのに、ここでこういう描写をされると「差」を感じてしまう。
 クーヤ(人が、死んだ。……余の、手で)
 ヒエン「聖上、お心をしっかりお持ちください!」
 クーヤ「つまらぬ情けは怨恨を生む……」
 クーヤ「全軍に伝えよ! このまま進軍する!」


 圧倒的な力であった。
 そしてノセチェシカは三日で陥落する。

 その知らせを受けた夜、ハクオロが部屋に戻ると、そこにはサクヤがいた。
 結構この仕事にも慣れたらしい。
 が、その表情はやや沈んでいた。

 サクヤについていくハクオロだが、そこにあったのは巨大な機体。
 クーヤ「アブ・カムゥ。オンヴィタイカヤンから授かった大いなる力だ」
 ハクオロ「これが、クンネカムンの力……」


 ハクオロ「戦の話は聞いた」
 クーヤはそれを聞いて自慢話を始めるが、
 ハクオロ「もういい」
 ハクオロにはそれがクーヤが真に話したいことではないとわかっていた。
 クーヤ「そなたにはわかるのだな……」
 クーヤ「初陣であった……」
 クーヤ「人を切ったあの感触が、血がこびりついて離れない」
 クーヤ「敵の命を奪い、民の命を奪い、そして命を駒のように操る……」
 クーヤ「それがどんなにつらいことか、戦で上に立つものの重責がどんなものか」
 クーヤ「不思議な男だな。余をこんなに無防備にする」
 クーヤ「こんな気持ちは初めてだ」


 数日後、エルムイの皇ポナホイがトゥスクルにやってきた。
 エルムイの出兵はノセチェシカの皇であったカンホルダリに脅されていたのだという。
 このままではエルムイもクンネカムンに滅ぼされてしまうのでハクオロの口添えでクンネカムンに侵攻をやめてもらいたいという。
 これにハクオロは応え、ウルトリィを使者に出すが……

 クンネカムンの実権を握る左大臣、ハウエンクアは「脅されていれば何をしてもいいのか」とその進言をはねつけた。
 しかもクンネカムンの主神はオンヴィタイカヤン、ウィツアルネミティアはその座を奪い、この世界に憎しみと争いを持ち込んだ邪神であるとされている。
 それを崇拝する宗教国家の皇女であるウルトリィには最初から無理な話なのだった。
 ※ ハクオロは知ってるはずなのにどうしてウルトリィを出したかなぁ。
 ※ クーヤが出ると思ったからだろうか。

 会談を終え、別室に入るとそこにはクーヤに両断されたカンホルダリの遺体が。
 そしてシケリペチムにもいたあの翼の術師がいた。

 トゥスクル。
 エルルゥ「また戦が始まるんですね……」
 エルルゥ「クーヤさんに頼んでやめさせるわけにはいかないんですか」
 ハクオロ「クーヤはよくわかっている」

 あのときの会話で戦というものを嫌というほど認識させられていたクーヤ。
 ハクオロ「それより気になるのは……」
 ベナウィ「ご報告申し上げます」

 ベナウィがやってきた。
 ベナウィ「クンネカムンがエルムイに侵攻しました」
 ハクオロ「とうとう始まったか……」


 クンネカムン編が始まりました。物語もいよいよ終盤です。
 おそらくこれを含めて4話くらいかかると思いますが、最終的にはトゥスクル軍があの巨大兵器アブ・カムゥと戦うことになります。
 正直現在最強のカルラさんでもどうなるかわからないような相手にアニメとして実際どんな戦い方をするのか楽しみではあります。

 もうひとつ、最終章に向けてカミュの動きが出てきています。
 もちろんハクオロの正体云々とこの物語が始まる前に何があったのかがわかることになるかと。最低限、なぜエルルゥとアルルゥがハクオロを救うことになったのかくらいは……

 しかしエヴェンクルガのゲンジマルの孫がシャクコポル族のサクヤやヒエンというのはどうも気になるなぁ。どういう遺伝子構造なんだか。

 うたわれるもの エルルゥ ( 1/8スケール PVC製 塗装済 完成品 )
うたわれるもの エルルゥ ( 1/8スケール PVC製 塗装済 完成品 )

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

DM'z-iL
2006年08月27日 19:52
はじめまして、I'll be dis-ABSOLUTERの管理人、DM'z-iLというものです。
この度は、拙い記事にトラックバックして頂き、大変ありがたいのですが、どうにも此方側のトラックバックが送れず、何度試しても表示されない為、今回、直接コメントにて失礼した次第です。
本当に申し訳ありません、です。

さて、コメント序でにひとつ。

>しかしエヴェンクルガのゲンジマルの孫がシャクコポル族のサクヤやヒエンというのはどうも気になるなぁ。
>どういう遺伝子構造なんだか。

という疑問に関してですが、「うたわれ」の世界は基本的に「母子遺伝」なので、父方がエヴェンクルガでも、母方が別の種族だった場合、其方の特徴が色濃く子供に受け継がれる事になります。

なので、仮にトウカが子をなせば、その子はエヴェンクルガの血を色濃く受け継ぐものの、ゲンジマルの妻か、或いはその子供の母方がシャクコポル族だった事から、ヒエンとサクヤはシャクコポル族の特徴を受け継いでいるという訳です。

ちなみに、ヒエンはこの事で、ゲンジマルに強いコンプレックス(劣等感)を持っている様で…。

この記事へのトラックバック

  • うたわれるもの 第20話

    Excerpt: 「初陣」 床上手、サクヤ登場!! またしても新キャラが登場しました。 今回はゲンジマルの孫、サクヤ。 ゲンジマルの代わりにハクオロを迎えに来ましたが、早々に衛兵に見つかるものの、ハクオ.. Weblog: ラブアニメ。 racked: 2006-08-21 20:36
  • うたわれるもの 第20話 「初陣」

    Excerpt: ロボか~ あ~、うん。えっと… ロボかぁ…orz Weblog: ブログ 壁 racked: 2006-08-21 22:08
  • うたわれるもの 18話~20話 いきま~す

    Excerpt: 18話、19話 サウザー!なぜ構えぬ!? 我が拳、南斗鳳凰拳に構えはない!! あるのはただ・・・・ 前進、制圧のみ!!!!         by聖帝サウザー様(「北斗の拳」より) .. Weblog: ミスター馬鹿侍の戯言 racked: 2006-08-22 00:56
  • うたわれるもの 第20話 「初陣」

    Excerpt: TVアニメ「うたわれるもの」オリジナルドラマCD コミックも新しく発売してるみたいです。うたわれるものますます絶好調! 新キャラ登場なんですが、この声って…∩( ・ω・)∩ Weblog: はーくるのアニメな日々 racked: 2006-08-22 01:03
  • 『うたわれるもの』 エルルゥ

    Excerpt: 『うたわれるもの』のエルルゥです。 エルルゥの衣装って、地味なように見えて、けっこう凝ったデザインなんですね~。 描いてみて初めて実感しました。 首部の周囲に掛かっているワッカみたいな布が変.. Weblog: ゆったりイラスト空間 racked: 2006-08-22 01:19
  • うたわれるもの 第20話 『初陣』

    Excerpt: うたわれにこれほどの上玉がまだ隠れていたとは・・・! これまた偉く可愛いらしいキャラが登場しましたね! しかもサクヤはゲンジマルの孫らしい。 誰かー!DNA鑑定証持ってきてくださーいッ!! .. Weblog: 暁の夜明けと夕暮れの空に racked: 2006-08-22 01:20
  • うたわれるもの 第20話「初陣」

    Excerpt: さて、新キャラが続々と登場した今回。 頭を整理しながら見ないと訳が分からなくなりそうです。 まずはクンネカムン国の面々。 トゥスクル城に忍び込んで来た女の子、サクヤ。 何と彼女はゲンジマル.. Weblog: のほほんホビー racked: 2006-08-22 01:23
  • うたわれるもの 第20話

    Excerpt: 第20話「初陣」 真夜中、曲者の侵入を許すトゥスクル城。「だから無理だって言った... Weblog: Todasoft Blog racked: 2006-08-22 01:38
  • [アニメ] うたわれるもの 第20話 「初陣」

    Excerpt: うたわれるもの第20話。 ここにきてサクヤっていう萌えキャラが出てくるとは(*´∀`) 今回も戦争だけど、遂に国取り合戦にロボットが参戦! 無茶苦茶になってきた気がするけど、暖かく見守っていこう.. Weblog: 我が人生に燃えて、そして萌える racked: 2006-08-22 01:41
  • うたわれるもの 第20話 初陣

    Excerpt: どじっこ娘、サクヤ登場。泣いちゃったり、おろおろしたりしてかわいいんだ!w 声優さんは水橋かおりさんですねー。GOOD JOBです!w なんかまたカミュがおかしくなったぞ?前は水がぶ飲み.. Weblog: 猫が唸る感想日記 racked: 2006-08-22 02:08
  • うたわれるもの 第20話「初陣」

    Excerpt: うひょぉぉぉ! これまた偉く可愛らしいキャラが登場したもんだ!! 表情が豊かなのもまたいい! Weblog: おもちやさん racked: 2006-08-22 02:14
  • うたわれるもの 20 初陣

    Excerpt: んーとうとう20話目という大台に到達しましたか。 Weblog: 猫煎餅の斜め下ブログ racked: 2006-08-22 05:05
  • うたわれるもの・第20話

    Excerpt: 「初陣」 トゥスクルの宮廷に侵入した賊。その正体は、クーヤの使い・サクヤ。サクヤ Weblog: たこの感想文 racked: 2006-08-22 05:18
  • ■うたわれるもの 第20話「初陣」

    Excerpt:  サクヤって、本当にエヴェンクルガなのかしら。  今までのエヴェンクルガのイメージが…(^^;。  あの身のこなしは、確かに只者ではありませんでしたけどね。   Weblog: ゆかねカムパニー2 racked: 2006-08-22 05:32
  • うたわれるもの 第20話 『初陣』

    Excerpt: うたわれるもの 第20話です^^ 今回は、クーヤとサクヤのお話でした。 特にサクヤが印象的でしたね。 何となくアニメ版の方が好感が持てた気もします。 人の命を奪うということ、そして国を治め.. Weblog: 私の中の宇宙、それはこの世の果て・・・ racked: 2006-08-22 05:49
  • うたわれるもの 。。。。 第20話 初陣 。。。。 転換期になりそうですね・・・・ ストーリー的にも、視聴する側としても・・・・ しばらくは 様子見しますけどね

    Excerpt: クンネカムン の誇る 銀色の モーターヘッド え゛? 違う? てっきり セビアコーター公の作かと思ったよ(苦笑) これを、どう位置付けして 視聴するかが 問題だな。。。。 アブ・カムゥ 。.. Weblog: 幻影現実 私的工廠 ブログ racked: 2006-08-22 06:06
  • うたわれるもの #20 「初陣」

    Excerpt: そうか、そうか・・・サクヤは床上手なのか。 そうか、そうか・・・クーヤは初めてだったのか。 まぁ、いろいろな意味でね(^_^ゞ (キョウモ、カタカナ イッパイ デテキタヨ・・・).. Weblog: マンガに恋する女の ゆるゆるライフ racked: 2006-08-22 07:06
  • うたわれるもの 第20話 初陣

    Excerpt: ふふふ、だれも気がついていないようだ。さりげなく前回の感想に 隠し文字を入れていたことを・・・。 いや、たいしたことではないんですけどね(笑 ウィッチブレイドを撮り逃し、さらにうたわれ感想書き終わっ.. Weblog: SOBUCCOLI racked: 2006-08-22 07:50
  • うたわれるもの 第20話 「初陣」

    Excerpt: 一生懸命にやろうとしているのはひしひしと伝わってくるね 改まった言葉遣いにはなれてないようでカミカミ それにしても自慢の髪の毛が切られちゃったのはかわいそうに・・・・ Weblog: 真正ラピスBlog(仮) racked: 2006-08-22 08:04
  • 床上手をどこで知ったんだ、エルルゥは?

    Excerpt: 「うたわれるもの」の第20話を見ました。 <感想> 遂にクーヤが初陣。そして謎の力というのが明らかに。 それはオンヴィタイカヤンから授かった”アブ・カムゥ”という人間が中に入って操る機械兵の.. Weblog: じろグ! racked: 2006-08-22 11:27
  • うたわれるもの 第20話 「初陣」 キャプ感想 投稿者:satosi

    Excerpt: うたわれるもの公式ページでやっている「うたわれるもの」クイズに答えて正解すると3種類の壁紙が、ダウンロード出来るみたいなので興味がある方はやってみると良いかも。 Weblog: 萌えと燃えの日記。 racked: 2006-08-22 11:30
  • うたわれるもの 第20話 「初陣」

    Excerpt: 好色皇ハクオロの下へ新たなる女性が現れた!! その名は「サクヤ」 ゲンジマルの孫なのです。 それにしても、やたら忍び込まれるトゥスクルの警備って一体w Weblog: ~MUDAI"無題"POWER~「アニメとか模型とかのブログ」 racked: 2006-08-22 11:34
  • うたわれるもの 第20話

    Excerpt: 第20話「初陣」 クーヤの使いが文字通り転がり込んできた! 「・・・・・また(女性)ですか」と溜息を禁じ得ないのはベナウィ。 クーヤとその使いサクヤ、女性二人と夜の密会ハクオロ。 「ま.. Weblog: 孤狼Nachtwanderung racked: 2006-08-22 12:34
  • うたわれるもの 第20話 「初陣」

    Excerpt: ■うたわれるもの 第20話 「初陣」  ハクオロの陣営に忍び込む謎の覆面少女。 神業的回避能力でハクオロの部屋までやってくる少女。    少女の名は「サクヤ」 どうやらク.. Weblog: 螺旋階段 racked: 2006-08-22 15:11
  • うたわれるもの 20話 『初陣』

    Excerpt:  ウサ耳一族キタ━(`∀´*)━!  そんなわけで今週は幼き皇・クンネカムン皇アムルリネウルカ・クーヤ率いるウサギの垂れ耳一族がメインの話でした!  冒頭からあからさまに盗人スタイルの覆面.. Weblog: 欲望の赴くままに…。 racked: 2006-08-22 18:58
  • (アニメ感想) うたわれるもの 第20話 「初陣」

    Excerpt: うたわれるもの 第二巻 トゥスクル城に忍び込んだ賊。それは、クーヤが出した使いの者でした。名はサクヤ、ゲンジマルの孫です。彼女に導かれるまま、クーヤの所までやってきたハクオロ。クーヤの用件はサク.. Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 racked: 2006-08-22 21:09
  • うたわれるもの 第20話「初陣」

    Excerpt: クーヤの使いサクヤ サクヤしっかりと見つかってしまっています。エルルゥ盗み聞きー☆ クーヤの「床上手」おもしろかったですね。意味が全然違って(笑) やはり幼いのだなーと思いました。 カミュ.. Weblog: のらりくらりダイアリィ racked: 2006-08-22 21:24
  • うたわれるもの 第20話「初陣」

    Excerpt: めずらしく仕事をしているハクオロの元に、クーヤの使い、サクヤが現われる。 しかも、サクヤは、ハクオロの側室候補。 床上手ですって!! え?!勘違い… で、誰の初陣かと思ったら、クー.. Weblog: ガブリエルのブログ racked: 2006-08-22 22:33
  • うたわれるもの 第20話「初陣」

    Excerpt: いよいよ戦いのレベルがハンパーへとシフトチェンジでもしてしまいそうな もの凄い展開になってきた「うたわれ」第20話ですっ!!! 人々の自由と平和を守るため悪は完膚なきまで徹底排除!!! 戦え.. Weblog: TAKE THE DREAM racked: 2006-08-22 22:41
  • うたわれるもの第20話「初陣」感想

    Excerpt: さて、合宿が終わった直後に感想を書きまくっているため、このアニメも週遅れ直前の感想です。うたわれるものDVD-BOX章之一[戻れぬ道、トゥスクル国建国]早速感想。こっちも重い話だこと。さっきまで録画し.. Weblog: accessのweb飛行機写真館 racked: 2006-08-22 22:51
  • うたわれるもの 第20話「初陣」

    Excerpt: うたわれるもの 第20話 初陣 Weblog: アニヲタキング racked: 2006-08-22 23:13
  • うたわれるもの「初陣」感想

    Excerpt: 【10秒で分かる、今日の『うたわれるもの』】 サクヤ可愛いよサクヤ クーヤ純だよクーヤ カミュ吸っちゃった・・・ 戦始まっちゃった・・・ 全てが終わって気持ちを吐露する キザ野郎が.. Weblog: ここには全てがあり、おそらく何もない racked: 2006-08-22 23:26
  • うたわれるもの「初陣」感想

    Excerpt: 【10秒で分かる、今日の『うたわれるもの』】 サクヤ可愛いよサクヤ クーヤ純だよクーヤ カミュ吸っちゃった・・・ 戦始まっちゃった・・・ 全てが終わって気持ちを吐露する キザ野郎が.. Weblog: ここには全てがあり、おそらく何もない racked: 2006-08-22 23:26
  • うたわれるもの 第20話 『初陣』 感想とか

    Excerpt: あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ! 『うたわれるものを観ていたら、いつの間にかSFロボットアニメが始まっていた』 な… 何を言ってるのか わからねーと思うが おれも 何をされた.. Weblog: りせっとはかく語りき racked: 2006-08-22 23:33
  • うたわれるもの第20話「初陣」

    Excerpt: スーパーロ○ット大戦スーパーうたわれ大戦開始。明らかに赤い彗星やら青い巨星やらがあったよーなwさぁ原作未プレイの人の意見が気になってきましたよ。まぁ作画クオリティがそんなに高くはなかった(と思ったら外.. Weblog: まったりな日々 racked: 2006-08-23 11:19
  • うたわれるもの 第20話 『初陣』

    Excerpt: 以前言ってた一挙二話放送なんですが、 どうやら完璧にそんな話はなくなったみたいです。 それどころか、月刊テレビ誌によるとほぼ最後まで週遅れ確定です。 本当に最悪なキー局だABC。 .. Weblog: よせあつめ離島 racked: 2006-08-23 22:11
  • うたわれるもの 第20話「初陣」感想 (一部修正)

    Excerpt: サクヤの異様な可愛さに和んだと思いきや 一気にシリアスな展開へ。 お久しぶり、グロが帰ってきました。 (注:ネタバレ&キャプ画像含む) Weblog: 娯楽総研 racked: 2006-08-23 22:13
  • うたわれるもの 第20話「初陣」

    Excerpt: うたわれるもの 第20話「初陣」クーヤの初陣。人を殺した感触が手に残る…。 Weblog: 恋華(れんか) racked: 2006-08-23 22:22
  • うたわれるもの第20話 『初陣』

    Excerpt: アブリアル・ネイ・ドゥブレスク・パリューニュ子爵・ラフィールはソラで言えるけど、 Weblog: NEJI-note racked: 2006-08-24 18:29
  • うたわれるもの 第20話

    Excerpt: うたわれるもの DVD-BOX 章之一うたわれるもの DVD-BOX 章之二 うたわれるものアンソロジーコミックス 5 (5) ワンコインフィギュアシリーズ うたわれるもの BOX (8/下 .. Weblog: Cosi Cosi racked: 2006-08-25 09:19
  • アニメ うたわれるもの

    Excerpt: 「初陣」 クーヤ「モビルフォース・ガンガル発進!」 なんかロボ来ちゃったよ! ・・・物語が破綻したということでよろしいのでしょうか? 破壊の杖を超えた! 群がる敵の中に突っ込.. Weblog: アーリオオーリオ ドゥーエ racked: 2006-08-26 02:18
  • うたわれるもの #20

    Excerpt:  <あらすじ> クーヤの国に敵が攻めてきていると情報が入る。心配するハクオロだがクーヤは心配するなと声をかけるのだった。 Weblog: 夢の跡 racked: 2006-08-26 11:39
  • うたわれるもの 第20話

    Excerpt: 今回は攻めてきた軍に対してクーヤが初めて出撃するお話でした。 まさかこのアニメで巨大戦闘ロボットが出るとは、思ってもみなかった展開です。 オンビタイカヤンが授けたと言っていますが、一体いつ誰が作っ.. Weblog: パズライズ日記 racked: 2006-08-27 04:34
  • うたわれるもの 第20話感想

    Excerpt: 「床上手」ってどういう意味!?  教えて!アルルゥ。 「自分で考えなさい、キモヲタクン」  ・・・テレ玉の映りが宜しくないので、視聴断念を余儀なくされていた「うたわれるもの」 (東京M.. Weblog: 少年カルコグラフィー racked: 2006-08-27 16:16
  • うたわれるもの 第20話 初陣

    Excerpt: FC2ブログに移植してから初の、各話感想、始まります。 Weblog: アニメニア racked: 2006-08-27 16:16
  • うたわれるもの 第20話 初陣

    Excerpt: まだまだ子供の面影が残るサクヤの可愛さが、全く無駄に終わった回でした。 ゲンジマルの孫でも耳がエベンクルガじゃあないです。 でも、ハクオロの部屋って侵入者にたいしてあまりにも無防備すぎませんかね。.. Weblog: なななな駄文 racked: 2006-08-27 16:20
  • うたわれるもの 第20話

    Excerpt: 第20話 初陣 トゥスクルにサクヤ侵入 ゲンジマルの孫だという設定は今話見るまで全く覚えてませんでした チン☆⌒ 凵\(\・∀・) PS2版発売まだぁ? サクヤに連れられクーヤのもとへ向かうハク.. Weblog: ゲーム好きのBlog racked: 2006-08-27 19:29
  • うたわれるもの 第20話「初陣」

    Excerpt: ついこの頃まで、記事の話数が1つズレれていたことを気付かずに、誤った表記にしてしまい、観覧された方並びにトラックバックを貼ってくださった方々に混乱とご迷惑をおかけしたことを深くお詫びします(陳謝) .. Weblog: 5分でわかる日常。 racked: 2006-08-27 19:47
  • うたわれるもの 20話「初陣」

    Excerpt: トゥスクル城に忍び込み、警備兵から必死で逃げている少女が一人。 少女は逃げる中でハクオロの部屋に入っちゃうけど、ハクオロの存在に気付いてない? しかも、自分には無理だと言っちゃうし。 そのとき、.. Weblog: * Happy Music * racked: 2006-08-27 22:47
  • うたわれるもの #20 『初陣』

    Excerpt: トゥスクル城に何者かが侵入!? 敵か?見方か? ってクーヤの使いかよ・・・w(名前はサクヤ ゲンジマルの代わりにハクオロを呼びに来たみたいですね。 しかもサクヤはゲンジマルの孫だそうです。 .. Weblog: 桜詩~SAKURAUTA~ racked: 2006-08-27 23:29
  • うたわれるもの 第20話 

    Excerpt: [トゥスクルの城に潜入したサクヤがクーヤの使者と看破したハクオロは、サクヤに従ってクーヤに会いにいった。そこでクーヤの国クンネカムンに戦争の気配が迫っていることを知らされる。かくして3大強国の一つノセ.. Weblog: ルナティック・ムーン racked: 2006-08-28 13:09
  • roulette software

    Excerpt: たまに来ますのでよろしくお願いします。 Weblog: roulette software racked: 2006-09-12 16:11