シムーン 第22話「出撃」

 古代シムーン5機に対してコール・テンペストは3機+1で対応。

 さらに古代シムーンとは別に無数の飛行爆弾が。
 パライエッタ「ビューラはシミュレで行ってくれ」
 パライエッタ「我々は町を守るために飛行爆弾を破壊する」
 カイム「古代シムーンは?」
 パライエッタ「アルクスプリーマが護衛なしで迎え撃つことになるが……」
 パライエッタ「私たちは私たちにできることをするしかない!」

今回のパル構成
 モリナス・ロードレアモン パライエッタ・カイム
 アルティ・フロエ ビューラ(シミュレ)

 コール・テンペストの残ったメンバーは町を守るべく飛行爆弾の迎撃に向かう。
 隼のリ・マージョン×3で撃破する3機。

 モリナス「リ・マージョンを魂の追悼のためにやろうと、敵を追い払うためにやろうと同じだと思っていた」
 モリナス「リ・マージョンに代わりはない。以前はそう思っていた」

 リ・マージョンを駆使して飛行爆弾の迎撃。しかし迎撃しきれず数発が街に着弾してしまう。

 モリナス「でも今は違うと思ってる」
 モリナス「同じリ・マージョンでも意味は全く違う……」


 さらに迎撃しきれなかった1機をモリナス・ロードレアモン機が体当たりで空中爆発させる。
 ここで、アウリーガのガラスが割れ、モリナスが腕を負傷した。

 飛行爆弾を迎撃した3機。後続がいないことを確認する。
 しかし古代シムーンのほうは攻撃はせずそのまま引き返していった。
 
 アヌヴィトゥフがグラギエフを部屋に呼び出した。
 マミーナの遺体を運んだシミュレが帰ってこないという。
 宮国上空でのこと、すでに制空権は失われていた。
 
 アヌビトゥフ「この件はシヴュラの方々には内密に」
 グラギエフ「アヌビトゥフ……君まで」
 アヌビトゥフ「先ほどの礁国の行動は、我々はいつでも攻撃できるという示威行為さ」
 アヌビトゥフ「そしてそれは紛れもない事実だ」


 アルクスプリーマには避難民がやってきていた。
 メッシスで帰ってきたアーエルたち3人
 アーエル「ひどい……」
 ネヴィリル「私たちがいない間にこんなことになるなんて……」
 ユン「俺たちにもできることがあるはずだ」
 アーエル「うん」

 ユンとアーエルが駆け出していった。そしてネヴィリルも。

 モリナスは部屋でロードレアモンに傷の手当てを受けていた。
 医師はずべて避難民にまわされて、こちらには手が回らないのだ。
 しかしロードレアモンは破滅的に包帯の巻き方がヘタだった。
 やってきたワポーリフが代わりに巻いてやることに。
 部屋を出るロードレアモン。
 ロードレアモン「私たちにはまだやらなきゃいけないことがあるのよね」
 モリナス「うん」
 ロードレアモン「でも私はテンプスパティウムに捧げるリ・マージョンが好き」
 モリナス「ええ。そしてたぶんみんなも同じ気持ちだと思うな」


 モリナス「シムーンの破損はどう?」
 ワポーリフ「フード回りの交換だけで済みそうです」
 ワポーリフ「あれしかなかったのですか」
 モリナス「うん、あれしかなかったの」
 ワポーリフ「もっと自分を大事にしてください。約束ですよ」
 モリナス「約束……」


 アルクスプリーマに避難していた人々の前にネヴィリルとアーエルがやってきた。
 人々はシヴュラに敬意を表して祈り始める。
 アーエル「私は……こんな……」
 ネヴィリル「いいえ、アーエル。貴方がどう思おうと貴方はシムーン・シヴュラよ」
 アーエル「私は戦いしか知らない、祈りなんて知らない」
 ネヴィリル「アムリアも戦いの人だった」
 ネヴィリル「でも彼女の祈りは多くの人々に祝福を与えた。人々はアムリアの元に集まった」


 子供「巫女様たちが守ってくれるんだよね」
 子供「悪いやつは巫女様がやっつけてくれるんだ」
 母親「そうよ。もう少し我慢するのよ」


 嶺国と礁国が停戦の申し入れをしてきた。
 しかし宮守と司兵員はこのときに3人もシヴュラを連れ出したことについて言い争う。
 この状況で出してくる和平はおそらく不利なものになるに違いない。

 ユンの部屋にロードレアモンがやってきた。マミーナの遺髪を持っていたロードレアモンだったが、それをユンに返すという。
 ロードレアモンはユンの籠にマミーナの遺髪を戻した。
 ロードレアモン「マミーナは、ユンのそばにいたほうがいいって思うの」
 ユン「なぜ俺に?」
 ロードレアモン「よくわからないけど、貴方に持っていて欲しいと思ったの」
 ロードレアモン「マミーナをこれからもお願い」
 ユン「わかった」


 アルクスプリーマ聖堂
 グラギエフ「君が私に隠し事をするとは思っても見なかった」
 アヌビトゥフ「私もだよ」
 グラギエス「君が何を望んでいるのかわからなくなった」
 アヌビトゥフ「私が望んでいること、か……」


 人々の祈りを受けているアーエルとネヴィリルだがそこにフロエがやってきた。
 そして庭園へ。すでにコール・テンペストのメンバーが待っている。

 グラギエフから和平の話が来ていることを話したのだ。
 (マミーナについては話していない模様)

 グラギエフ「まだ一部のものしか知りません。私の独断で皆さんにはお知らせすることにしました」
 ネヴィリル「そうですか」
 ロードレアモン「今度こそ本当に戦争が終わる……」
 カイム「それはどうかな?」
 パライエッタ「アングラスは和平条約調印のためにわが国を訪れた通訳だったはずだ」
 アルティ「でも、もしかしたら今度は……」
 グラギエフ「皆さんを戦いの場から解放することができるかもしれません」

 しばしの沈黙
 アーエル「どっちにしろ、私たちには何もできない」
 ネヴィリル「そうね。私たちは私たちのできることをするしかない」

 みんな、頷いた。
 パライエッタ「グラギエフ、今後のことでちょっと話を……」
 パライエッタが離れるとフロエとアルティがネヴィリルのもとにやってくる。
 フロエ「シヴュラ・アウレア」
 ネヴィリル「?」
 アルティ「さっき、パライエッタも同じことを……」
 ネヴィリル「まぁ……そう」


 アルクスプリーマもメッシスも乗組員は飛行爆弾に爆撃された町の復旧に当たっていた。
 ワウフ「大きいですなぁ。アルクスプリーマは」
 アヌビトゥフ「これと同型のアルクスミゲルが落ちるとは思いませんでした」
 ワウフ「全くです」
 ワウフ「君とグラギエフが反目しあっていることと同じくらい信じられません」
 アニビトゥフ「ご存知でしたか」
 ワウフ「私には計り知れないお互いに思いがあるのでしょう」
 アヌビトゥフ「グラギエフは一途過ぎます」
 ワウフ「全くだ。男にしておくにはもったいないな」
 アヌビトゥフ「!」
 ワウフ「グラギエフと早く和解することです。時間はそんなにないかもしれません」


 そこに敵襲の警報が

 シャワーを浴びていたカイムがあわてて飛び出した。
 パライエッタも服を整える
 カイム「でもなんでまた?」
 パライエッタ「言うことを聞くまで何度でも、ということだろう」
 パライエッタ「行くぞ」

 その凛々しい姿に改めて惚れ直すカイムなのだった。

 アルクスプリーマが浮上した。
 アヌビトゥフはシヴュラたちに左舷飛行甲板に待機を命ずる
 そしてグラギエフに指揮を委ねると、アヌビトゥフは席を立った。

 アルクスプリーマ左舷飛行甲板。
 待機するシヴュラたちの前にそこにはアヌビトゥフがやってきた。しかもシヴュラ服である。
 アヌビトゥフ「私がシミュレに乗り込み、上空から直接指示を出します」

 アヌビトゥフ「シヴュラ・モリナス 傷の具合はいかがですか?」
 モリナス「問題ありません。完璧な治療を受けました」
 ロードレアモン「?」
 ワポーリフ「シミュレを用意しろ!」


今回のパル構成
 アーエル・ネヴィリル カイム・パライエッタ
 アルティ・フロエ モリナス・ロードレアモン
 ビューラ・ユン アヌビトゥフ(シミュレ)

 5機のシムーンとアヌビトゥフが上空高く舞い上がった。
 アヌビトゥフ「シヴュラの皆さん。皆さんを戦闘に巻き込むことはもう終わりにしなければなりません」
 アヌビトゥフ「しかし我々の力が及ばぬばかりに……」
 ネヴィリル「ありがとうございます、アヌビトゥフ艦長。そのお気持ち何があっても忘れません」
 アーエル「でも心配要らないよ。私たちはもう決めたんだ」
 パライエッタ「今できることを精一杯やる」


 アヌビトゥフ「我々は多勢に無勢、ギリギリまで引きつけて、一気に急降下して撃ちます。
 アヌビトゥフ「この第一波の攻撃で、大勢が決まります」
 アヌビトゥフ「行きます」

 アヌビトゥフを先頭に、コール・テンペストは急降下する。
 敵の先端を突き抜けたら今度は地面ギリギリで再上昇。
 アヌビトゥフ「ついて来て下さい!」
 敵は狙いを定めようとするものの、太陽の光で照準が定められない。
 するとその向こうから、別の大きな影が現れた。
 アルクスプリーマである。上に注意を向けた敵に正面から立ち向かうことになった。
 グラギエフ「全門発射!」
 艦砲射撃で敵飛行機と古代シムーンを砲撃する。

 敵機はそのまま撤退していった

 フロエ「ざまぁみろ、だよね」
 アルティ「うん、どんなもんだい」

 そこにアーエル・ネヴィリル機がやってくる。
 ネヴィリル「2人とも、下品な言葉は慎みなさい」
 アルティ「聞こえてたんですか?」
 アーエル「違うよ。きっとそうに違いないって2人で話してたのさ」
 フロエ「ひどーい」
 ネヴィリル「ご苦労様」

 そこに他のシムーンも
 モリナス「何々? 何かあったの?」
 ロードレアモン「どうしたんです?」
 パライエッタ「どうせフロエがバカを言ったんだろ」
 カイム「ま、そんなとこじゃないですか? パラ様」
 フロエ「ひどーい」


 ビューラ「いつもこうなのか? コール・テンペストは」
 ユン「そうらしい」


 クルー「艦長のシミュレが接近してきます」
 グラギエフ「総員、帽を振れ!」


 戦いは終わった。

 しかし、戦争の遂行能力に限界を感じた宮国中央は、このあと数日も経ず、嶺国と礁国からの和平条約の申し入れ」を受け入れることになった。


 B側のアイキャッチはシヴュラ時代のアヌビトゥフとグラギエフか……あれ? 元の名前なんていうんだろ。

 さて、戦争が終了してしまったわけですが、これからはシヴュラたちそれぞれの「選択」が始まると考えていいのかな。
 次回いきなりユンが泉に行ってますが……

 メンバー的にはパライエッタが株価回復ってところですか。ユンはまだまだ上昇中、モリナスに意外に買いが入りそうな結果。

 しかしワウフは何でもご存知ですな。ある意味ドミヌーラ以上に恐ろしい人なのかもしれん。
 結構年齢も行ってるし、アヌビトゥフ&グラギエフがシヴュラのときはやっぱり上司だったんだろうか。戦争がそのころから始まっていればだけど。

ttp://app.blog.livedoor.jp/m-51_44262/tb.cgi/50127111
ttp://ap.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb.do?newsid=82cf3b8582
ttp://semakuteasai.blog49.fc2.com/tb.php/56-ed61f625
ttp://darekawa.blog49.fc2.com/tb.php/3-0cdd6253
ttp://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/4c89bf49d881d49de759210aa6f84006/b3
ttp://app.blog.livedoor.jp/paprika200502/tb.cgi/50691797
ttp://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/77d546ad9cd8a8eeba2367bd8ce55114/94
ttp://angelnotes.blog46.fc2.com/tb.php/527-18252d50
ttp://tb.plaza.rakuten.co.jp/accessairphoto/diary/200608290000/9bf5b/
ttp://blog.seesaa.jp/tb/22954692
ttp://blog.seesaa.jp/tb/22990142
ttp://blog.so-net.ne.jp/zootrope1834/2006-08-29-1/trackback
ttp://app.blog.livedoor.jp/loveless_zero/tb.cgi/50683038
ttp://orangeseven.jugem.jp/trackback/189
ttp://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11669330
ttp://meranchoria.blog.shinobi.jp/TrackBack/156/
ttp://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/743-e8d3cd63
ttp://blog.seesaa.jp/tb/22980810
ttp://blogs.yahoo.co.jp/aruxu454600/trackback/1428878/39350981
ttp://telanim.blog58.fc2.com/tb.php/50-5d799d42
ttp://app.blog.livedoor.jp/makotome301/tb.cgi/50692705
ttp://clannad.exblog.jp/tb/4198583
ttp://blog.seesaa.jp/tb/23080103
ttp://app.blog.livedoor.jp/kokemojin/tb.cgi/50615854
ttp://chavez.blog70.fc2.com/tb.php/179-8a80048a
ttp://kiyozou44.blog47.fc2.com/tb.php/311-5a61d43c
ttp://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/143-789ab5a8
ttp://blog.seesaa.jp/tb/23026095
ttp://app.blog.livedoor.jp/tamazo009/tb.cgi/50824025
ttp://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11739854
ttp://blog.seesaa.jp/tb/23240154
ttp://app.blog.livedoor.jp/tomitomiq/tb.cgi/50618107
 サントラのジャケもエロいけどやっぱりこの中身が聞きたくてしょうがない。
 「Simoun(シムーン)」外伝CDドラマ「嗚呼麗しの派遣OL、実録シムーン株式会社」
Simoun CDドラマ「嗚呼、麗しの派遣OL なぜなんだシムーン株式会社」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

DretBoumBloom
2011年03月23日 19:40
annoyingfrombrith|lolz�サソ

generic flow control 16 values

fssdrwkos

この記事へのトラックバック

  • シムーン第22話「出撃」

    Excerpt: ◆豆腐艦長とグラタンデュクス独壇場の隅で、パラ様が大いに 男らしかったことをお忘れなく。 ◆アヌビトゥフとグラギエフがとてつもないくらい腐女子サービスしてたのが 印象的な回でした。 前.. Weblog: 旅のお供に racked: 2006-08-31 11:52
  • シムーン 22話

    Excerpt: '''古代シムーン率いる敵の襲撃だ~!!!''' ってな訳ででっかい緊迫した戦闘が来るのか(死人来るか?・・・)などと思っておりましたが、古代シム.. Weblog: 時空階段 racked: 2006-08-31 16:19
  • シムーン 第22話 「出撃」

    Excerpt: 今日はいつもより作画に気合いが入っていた? 作画レベルは変わらないかも知れませんが輪郭がくっきり気味。 特にモリナスとユンに気合いが入っていた気がしました。 ヘルシングのOVAには及びませんけれ.. Weblog: angel notes. racked: 2006-08-31 16:29
  • シムーン simoun 第22話「出撃」

    Excerpt: シムーン公式サイト アニメ・パプリカ 「今、自分のできることを…。」 を合言葉に今回のエピソードは進みました。 既に冒頭からパラ様はすっかり立ち直って、ネヴィリルのいないコールテン.. Weblog: パプリカのアニメ鑑賞よた話 racked: 2006-08-31 17:22
  • シムーン 22話レビュー

    Excerpt: う、薄い。こんな中身の薄いシムーンは初めてです。さすがのシムーンでも戦闘シーンを増やすと中身が薄くなるという法則には勝てなかったようです。まぁ全話で文句なしな作品ってのを求めるのはさすがに無理か。 .. Weblog: Kazu'Sの戯言Blog(新館) racked: 2006-08-31 18:01
  • シムーン 第22話「出撃」

    Excerpt: 今週のシムーンは艦長以下、みんながんばって「出撃」するお話。 まずはこれです。(大きく息を吸って) かっこいいパラ様が戻ってキターーーーー!!! よーし、私も「♪パラさまぁ」とメガネを光らせ.. Weblog: 高速ゾートロープ racked: 2006-08-31 21:17
  • シムーン 第22話「出撃」

    Excerpt: シムーン 第22話「出撃」アヌビトゥフ大活躍!! Weblog: 恋華(れんか) racked: 2006-08-31 22:00
  • シムーン 第22話「出撃」

    Excerpt:  シムーン simoun ■前回冗談のつもりで「パラ様の汚名挽回のチャンス」とブログに書いたんですが、いったいどうしたことでしょう、自己啓発セミナーでも受けてきたのでしょうか、パラ様が『パラ様』.. Weblog: アニメのせまくてあさい森 racked: 2006-08-31 22:10
  • シムーン第22話「出撃」感想

    Excerpt: 今回は出撃ですよ~!!なんな意味深なタイトルだ~!!いったいどうなるんだか・・・【ご予約受付中】9月22日発売!DVDSimoun-シムーン-2(初回版)早速感想。いきなりぴ~んち!!敵のシムーンがこ.. Weblog: accessのweb飛行機写真館 racked: 2006-08-31 23:04
  • シムーン22話視聴と1・2話再視聴

    Excerpt: 今週のARIAはバカらしくて面白かったですねえ。一番目立っていたのが暁って所が良かった。 さて今週のシムーン。紆余曲折を経てやっと心が1つになったコール・テンペストだけども、周りの状況は以前ほど.. Weblog: 戯言人Blog racked: 2006-09-01 00:08
  • 礁国・嶺国,シムーン

    Excerpt: 何もしないで帰った古代シムーン。これは示威目的を果たしたというだけでなく、 礁国・嶺国間には元々、宮主と司兵院のような思想の軋轢が慢性的に存在していて、「おい、君の隊の古代シムーンは戦闘せんそうだがど.. Weblog: 生存報告(仮) racked: 2006-09-01 01:56
  • シムーン 第22話

    Excerpt: 「出撃」 今週は、あまり物語としては進展なし、かな(^.^ ; どうも謎解き中心 Weblog: Brilliant Corners racked: 2006-09-01 08:06
  • シムーン 第22話

    Excerpt: 今できることを。 Weblog: LUNE BLOG racked: 2006-09-01 20:27
  • シムーン #22「出撃」

    Excerpt:   今回は戦闘が2回ありました。2回目は艦長のアヌビトゥフ自ら出陣~燃える展開だー!でもリマージョンしないでの実弾特攻……まあ、いいか、敵影は半分に減ったみたいだ.. Weblog: ■■テラニム日記2■■ racked: 2006-09-01 22:01
  • シムーン 第21話 「出撃」

    Excerpt: グラギエフと豆腐艦長の回でありましたね。この2人が女の子だった時はどんなだったのだろうか?と常々妄想していたのですが、まさかお目にかかれるとはピクルス超絶うれしいでございます。想像では、、グラ子の方が.. Weblog: たまごさんど racked: 2006-09-01 23:16
  • シムーン 第22話「出撃」

    Excerpt: 超高々度から重力を利用しての急降下爆撃。直後、攪乱した敵の中を急上昇で挑発した後散開。パイロットの目を太陽で焼いた所をアルクスプリーマの一斉射撃。 マミーナの死を切っ掛けに、上層部を除く全ての人.. Weblog: バラックあにめ日記 racked: 2006-09-01 23:58
  • シムーン #22「出撃」

    Excerpt: シムーンだけはガチ!! シムーンこそが今期で最もガチと呼ぶに相応しい。 うちはシムーンの面白さに気付くの遅すぎですよね。お恥ずかしい限りです。 シムーンの良さに気付いてまだ日が浅いですが.. Weblog: アニよりすぐれた弟なぞ存在しねえ! racked: 2006-09-02 15:03
  • シムーン 第22話

    Excerpt: ☆シムーン 金曜26:30~ テレビ大阪 第22話 「出撃」 ◆最近、書きたいことがまとまらないむにゅです。シヴュラタイプ別診断は「ロードレアモン」です。マミーナ大好き。ぬいぐるみ大好き。 Weblog: あにたむ素兎亭・新館 racked: 2006-09-03 04:15
  • シムーン第22話 『出撃』

    Excerpt: 謎また謎で疲れた頭を、爽快バトルで華麗にリフレッシュ。実にいいタイミングでこの話 Weblog: NEJI-note racked: 2006-09-03 13:44
  • シムーン 第22話 『出撃』

    Excerpt: 相変わらず予想の斜め上を行ってくれるシムーン まさか序盤から続いた戦争がこんな形で終結するとは。 それにラストに向けてキャラ達がかっこよくなってきましたよ。 今回の作.. Weblog: よせあつめ離島 racked: 2006-09-03 14:24
  • シムーン 第22話 出撃

    Excerpt: ここ最近超展開を見せてきたシムーンですが、今回は静かに話が進んで いった回でした。 すっかりただの百合アニメではなくなったこの作品。 もうじき終わりを迎えてしまうことがちょっとさみしいです。 美しけ.. Weblog: SOBUCCOLI racked: 2006-09-04 12:57
  • 出撃,シムーン

    Excerpt: 正義マフラー装備の艦長、シミレでシムーン以上の動きを見せる。この比古清十郎め! リ・マージョンだか機銃だか不明の急降下攻撃から転進、空戦の王道「太陽を背に!」。 "大空のアウリーガ"が特撮ラスト5分.. Weblog: 生存報告(仮) racked: 2006-09-04 13:52
  • シムーン 第22話

    Excerpt: サブタイトル「出撃」   古代シムーンを送り込み、宮国に和平を迫る連合国。   宮国が回答を渋っていると、再び連合国の軍勢が現れる... Weblog: オヤジもハマる☆現代アニメ racked: 2006-09-05 06:22
  • シムーン 第22話

    Excerpt: サブタイトル「出撃」   古代シムーンを送り込み、宮国に和平を迫る連合国。   宮国が回答を渋っていると、再び連合国の軍勢が現れる... Weblog: オヤジもハマる☆現代アニメ racked: 2006-09-05 06:22