のだめカンタービレ Lesson21

 3次予選で初めて見た優勝候補の瀬川に、のだめはやはり見覚えがあった。
 そしてその圧倒的な技術と正確さはのだめを圧倒していた。
(存在感は母親の方が上っぽいw)

 そのころ、R☆Sオケでは千秋、峰、清良などのメンバーが入団希望者のオーディションを行っていた。このオケのコンマスでないと入団せず、芸能事務所入りするという高橋にみな反感を抱くが、峰はそれを了承する。
 清良より優れた技術を持ち、国際的コンクール入賞の肩書きのある彼ならオケにとってもいい広告塔になる。
 そして、それは清良にとってもR☆Sに縛られずに海外で修行してまた大きくなって帰ってきてほしいという思いやりでもあった。
(千秋はここまでそんなことにまったく気づいていなかったw)

 そしてその夜、帰途についた千秋に1本のメールが……

 ── 本選で待ってます ──

 のだめの3次予選通過を伝える吉報であった。

 本選も3曲──モーツァルト・シューマン・ストラヴィンスキー──を弾くことになるのだめ。
 2日間飲まず食わずでシューマンを弾きこなしたのだめはモーツァルトの練習中に倒れてしまった。
 38.8度の熱。いままでの疲労がすでに限界に達していた。
 休息をとらせるものの、江藤としては3曲目を覚えさせる時間はなく、ゲームオーバーだと思っていた。

 本選当日の朝、
 のだめは3曲目の音源を聞き、会場に向かう電車の中では楽譜読みで曲を必死に覚えた。
 しかし、電車の中では携帯の着メロに邪魔をされ、会場ではとうとう顔をあわせた瀬川にプレッシャーとトラウマを植え付けられる。
 それでものだめは髪をツインテにしていつもより重たげなドレスで千秋を含む観客の前に現れた。

 1曲目のモーツアルトでは持ち味の多彩な音を、シューマンでは迫力のある演奏を見せ、2曲目にして大喝采を受けるのだめ。
 しかしそのまま臨んだ3曲目で悲劇は起こった。
 のだめの記憶の中の楽譜に何か別のものが混じっていたのだ。ピアノを弾く手が止まる。
 それは……電車で聞いた携帯の着メロだった。

 やり方としては会場までの間は音源を聞きまくって会場についてから楽譜を読んでもいいんじゃないかと思っていたり。
 シャルルは「何かを求めてここに来たんだろう」と言っていますが、おそらくその通り。
 しかしこの状況にのだめはどうするのか。気になります。
 TV ANIMATION のだめカンタービレ OFFICIAL FANBOOK

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • のだめカンタービレ Lesson21

    Excerpt: のだめカンタービレの第21話を見ました。★(PS2)のだめカンタービレLesson21第3次予選で優勝候補の瀬川の演奏を聴くのだめ。彼の演奏をオクレール先生は夜な夜な人足の途絶えた街中をうろつく奇怪な.. Weblog: MAGI☆の日記 racked: 2007-07-03 15:22
  • のだめカンタービレ Lesson21

    Excerpt: のだめカンタービレ Lesson21 Weblog: 沖磨純雲 -おきまもとん- racked: 2007-07-05 22:47