バッカーノ 第3話「ランディとペッチョはパーティの準備で忙しい」

 キャラの一部で明かされていた「不死者」になれる酒を開発したらしい錬金術師の話

 あと、列車ではとうとう始まった食堂車の乱闘劇(の予感?)

 キャラ的にはいまだに重ならない部分が多いものの、だんだん収束に向かっているかなぁという感触だけは伝わってくる。
 意外と作画も落ちてないしね。
 しかし車掌さんは両方ともやられちゃったんだろうか。

バッカーノ!1931The Grand Punk Railr (1) (電撃コミックス)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック