テーマ:ARIA The NATURAL

ARIA The NATURAL 第26話(最終回)「その白いやさしい街から…」

 前回の秋から季節はいきなり冬。ネオヴェネツィアには雪が降り積もっています。  アイちゃんはマンホームに戻ってしまいました。  アイ「アクアは遠いからまだ1人じゃ行けない」  そんなメールをもらって、灯里同感して、そして思いました。  灯里「私はあの時なりたかった私になれているのだろうか……」  合同練習を終えて、休憩…
トラックバック:62
コメント:5

続きを読むread more

ARIA The NATURAL 第25話「その 出会いの結晶は…」

 暦の上でも秋が始まり、秋の観光シーズンがやってきます。  そしてあのレデントーレの祭りの日に向かって、またネオヴェネツィアが盛り上がってくるのです。  しかし灯里は最近アイちゃんからメールが来ないことを心配しています。  おばあちゃんの具合が悪いということは伝わっていましたが、レゾンテーレのお祭りや灯里の新しいゴンドラを見た…
トラックバック:61
コメント:5

続きを読むread more

ARIA The NATURAL 第24話「その 明日のウンディーネに…」

 夏が終わって秋か来ると、ネオヴェネツィアには雨が多くなります。  そんな日はゴンドラの営業も練習もできないので、それぞれ持ち回りに部屋に集まって、机上演習の準備をすることになっています。  今日は藍華の日。傘を差して灯里とアリスが藍華の部屋にやってきました。  途中で晃さんにも出会います。  そこで晃さんを見てなにやら話を…
トラックバック:82
コメント:9

続きを読むread more

ARIA The NATURAL 22話「その ふしぎワールドで…」「その アクアを守る者よ…」

 今日も2本立て  22-A話「その ふしぎワールドで…」  パラレルワールドをご存知ですか? で始まるアリア社長の不思議ワールド体験。  OPも何か違うと思ったら2コーラス目を流す徹底振り。  なんとここでは、  キャラの男女が入れ替わってます(アリア社長以外)  ここでメンバー確認。 ARIAカンパニー …
トラックバック:80
コメント:7

続きを読むread more

ARIA The NATURAL 第21話「その、銀河鉄道の夜に」

 夜中の午前2時、灯里は空を走る鉄道の音に気づいてしまいました。  アリシアさんには聞こえないそうです。  練習になっても気になって休憩地点をオーバーランしてしまいます。  藍華とアリスは話を聞きますが、  アリス「銀河鉄道って有名な小説のですよね」  灯里「私まだ絵本持ってるよ」  アリス「でもその列車は死の世界に…
トラックバック:57
コメント:1

続きを読むread more

ARIA The NATURAL 第20話「その 影のない招くものは…」

 ネオヴェネツィアの怪談。  マンホームのアイちゃんの住むところは冬ですが、ネオヴェネツィアは夏真っ盛りです。  ARIAカンパニーではアリア社長が夏風邪を引いてしまいました。  ※ この角度で「*」が見えるのはおかしいと思いますが……  ※ その前に見えるものがないといけないと思うんですが……  灯里「風邪は治りかけの頃…
トラックバック:49
コメント:0

続きを読むread more

ARIA The NATURAL 第19話「その 泣き虫さんったら…」「その 乙女心ってば…」

 前回髪を切った藍華がメインの2本立て。 第19話-A「その 泣き虫さんったら…」  短くし過ぎてうなじが冷えてしまったのか、夏風邪を引いてしまった藍華。  そのまま寝込むこと3日……  藍華は飽きてしまった。  藍華「プリン食べたいなぁ。生クリームが乗ったヤツ」  そこで、こっそり部屋を出て外出。  普段着で歩く…
トラックバック:53
コメント:0

続きを読むread more

ARIA The NATURAL 第18話「その、新しい自分に……」

 晃さんが夏のバーベキュー大会を企画してくれました。  シングル3人組はともかく3大ウンディーネのみなさんはお仕事の合間を縫っての参加です。  一番遅れてやってきたのは藍華でしたが、伸ばした髪が気になります。  藍華「夏の日差しを受けて輝く私の黒髪♪」  アリシアさんにも「女神さまみたい」と言われて浮かれる藍華。  ※ ど…
トラックバック:50
コメント:3

続きを読むread more

ARIA The NATURAL 第17話「その、雨振る夜が明ければ……」

 前回の続き。夕飯はゴンドラの上にテーブルを置いて……ってアリア社長、それはちゃぶ台というヤツでは?  灯里「いくらありがとうを言っても、ごめんなさいを言ってもとても足りません……」  アリシア「私もよ」  このゴンドラは灯里も、そしてアリシアのデビュー船でもあったのです。  ※ もうこの時点でグランマしかいないのか。っ…
トラックバック:47
コメント:0

続きを読むread more

ARIA The NATURAL 第16話 「その ゴンドラとの別れは……」

 定期点検を受けた灯里のゴンドラはもう観光用としての耐用年数を終えようとしていました。  ※ 1艘ごとの製作日数は3週間、耐用年数は20年。数年に一度オーバーホールが必要。  なぜか今回は旧OP「ウンディーネ」で始まった今日のお話は灯里がデビュー当時から乗り続けていたゴンドラの最後の1日。  ※ とはいえ解体などではなく運搬用…
トラックバック:18
コメント:2

続きを読むread more

ARIA The NATURAL 第15話 「その 広い輪っかの中で…」

 いろいろあって1人でランチの灯里。  そこに晃さんが登場。暁さんが登場。アルも登場。  そこでアルが話し始めたのは、昔浮島で出会った少年の話。  ※アルは暁&ウッディーより1歳年上。  AQUAの平和を守るべく特訓中の少年、暁とウッディーの前に現れたのは自信に満ちた表情の少年と金色の髪の長い女の子。  暁「お前、…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

ARIA The NATURAL 第14話「その 一番新しい思い出に…」

 ARIAカンパニーの彩色パリーナ製作を灯里に任されたときのお話。  ゴンドラを繋ぐために水上に立てられた杭、パリーナ。  それに独自の彩色や形状を用いることでそれを繋ぐゴンドラの会社やお店そのものの看板になったりするのが彩色パリーナ。  早朝のネオヴェネツィアを1人で(アリア社長が同乗)漕いでいるときに、それらを見ながら気づ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

ARIA The NATURAL 第13話「その、でっかい自分ルールを…」

 自分ルールその1:影のところだけ踏んで学校から寮まで戻ること  自分ルールその2:影は何の影でもいいこと  自分ルールその3:半分日なた部分を踏むのはセーフ  ということで今回は、アリスのお話。  学校から寮までを影だけを踏んで帰るというつまらないけれど本人本気なゲームなのです。  昨日も失敗して練習でも大きな水路に…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ARIA The NATURAL 第12話「その 逃げ水を追って…」「その 夜光鈴の光は…」

 ネオヴェネツィアでも珍しいくらい暑い夏がやってきました。 「その 逃げ水を追って…」  ARIAカンパニーで留守番をする灯里。そこで海上になにかが……  アリシア「あらあら、蜃気楼ね」   それくらい暑い夏なのです。  アリア社長はベランダのベンチの下へ  アリシア「ネコは涼しい場所を探すのが得意なのよ」  そし…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ARIA The NATURAL 第11話「その 大切な輝きに…」

 暁のお兄さんが灯里を指名で仕事の依頼  ※3:00からの実況は疲れるね。  初めてのご指名ですが、灯里はまだシングル。指導員がいないと仕事ができません。  もちろんこれはアリシアさんが引き受けます。  仕事というのはネオヴェネツィアで作られているネオヴェネツィアングラスの搬送。  現場に行く前にまずは品物を見…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ARIA The NATURAL 第10話「その あたたかな街と人々と…」

 夏です。  いつものように練習を始めたウンディーネ候補3人組ですが、灯里にはなぜか行く先々で人に声をかけられます。  当人は相手の名前も知らないし、自分も名乗ってすらいないのに  地元出身の藍華&アリスですら知らないくらい灯里はいろいろな人を知っていて「ぽか~ん」です。  ということで練習を中座して買い物に行くという灯…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ARIA The NATURAL 第9話「その 素顔の星たちは……」

 お客さんを乗せたお仕事に挑戦する灯里。シングル(片手袋)なので、アリシアさんが付きます。  滞りなく進むはずだった案内ですが、途中でお客さんが素敵な庭を発見。  灯里も喜んでしまうと同時に、まだネオ・ヴェネツィアを知らなさすぎると、業務終了後、「素敵」探しをすることに……  そこに藍華とアリス。いつの間にか2人の名物自慢に …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ARIA The NATURAL 第8話「その ポッコロの日は……」

 かつてのマンホームで、若い下級貴族が貴族の娘に恋をした。  若い貴族は自らの名を上げるべくその貴族の戦争に参加するが、白いバラの園で傷を受け倒れてしまう。  若い貴族はその白いバラを一輪、戦友に託して力尽き、それを戦友は娘に送り届けた。  彼の血に赤く染まったバラを見て、娘は若い貴族の想いを知ることができたと言う。  …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ARIA The NATURAL 第7話「その、猫の王国へ……」

 再びケット・シーに会いに行くお話。  前回の続き。オレンジぷらねっとの同期会に参加してきたアリス。  明日は先輩たちとの練習をするので3人の合同練習には来られないとか。  3人のウンディーネへの階段もある程度進んでいるというべきか。  と、そんな時アリア社長発見。  それも1人でゴンドラに乗って。  まだ見習いの彼…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

ARIA The NATURAL 第6話「その鏡に映る笑顔は」

 アリスの1日編  朝の練習にやってきたアリス、練習が終わったらと2人を自分の部屋に誘う。  そのまま夜になってしまったのだが、アテナさんがすでに寮長に許可を取って2人は泊まることになった。  業界最王手のオレンジプラネット。その寮の食事はバイキングだ。  そして寮内には花畑も  灯里「妖精さんが舞踏会をしそうですね」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ARIA The NATURAL 第5話「その 雨の日の素敵は…」「その 春にみつけたものは…」

 本日は15分2本立て (その 雨の日の素敵は…)  稲荷神社にやってきた灯里とアリシアさん。途中で晴天にもかかわらず雨が降ってくる。  雨宿りをしようと近くの建物に移動するもアリシアさんとはぐれてしまい……  そこで見たのは「狐の嫁入り」でした。  実況的には雨が降った時点でオチ読まれてましたが。 (その …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ARIA The NATURAL 第4話「その ネオ・ヴェネツィア色の心は…」

 うたた寝をしていた灯里を待っていたのは郵便屋さん。  船に穴が開いて1日修理しなければならないと言う郵便屋さんは、明日1日船を貸して欲しいとやってきたのだった。しかし  アリシア「すみませーん、明日は予約がいっぱいなんですよ」  灯里は半人前なので、指導員なしには人を乗せて走ることができない。  しかし郵便屋さんが指導員な…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ARIA The NATURAL 第3話「その 流星群の夜に……」

 藍華ツンデレ開始  AQUAにやってくる流星群を見に灯里と藍華、そしてノームのアル(声:渡辺明乃)が見に行く話。アリスは眠いのでパス。  前2話のようなストーリーテリング的な要素はないものの藍華とアルの微妙で鈍い感覚がよく描かれていたお話。  結局ノームの具体的な業務は見えてきませんでしたが。惑星の重力を3倍にするってど…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ARIA The NATURAL 第2話「その 宝物をさがして……」

 春も近い暖かい日……今日も3人で練習中。  マリア像の前で交替した藍華がマリア像に謎の扉。  あっさり開ける藍華。そこには小さな宝箱  またあっさり開ける藍華。中には小さな手紙。  「この地図を手に入れし者を我の言葉に従いて、汝が宝を手に入れる」  灯里とアリスに促され、3人は宝探しをすることに。  まずは…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ARIA The NATURAL 第1話「その カーニバルの出逢いは……」

 1話からアイちゃんがいますがやっぱりこの回限りでまたマンホームに帰ってしまうようです。  ネオ・ヴェネツィアは年に一度のカーニバルを控え、それを見るべくアイちゃんはARIAカンパニーに泊めてもらっていたのでした。  よってアイちゃんもウンディーネ服。乗れないけどね。  いよいよ始まるカーニバル、しかしアリア社長は毎回直前…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more