テーマ:涼宮ハルヒの憂鬱

涼宮ハルヒの憂鬱 第14話(最終話)(実質6話)「涼宮ハルヒの憂鬱VI」

 (都合により)Aパート部分は割愛。  ハルヒのイライラが頂点に達したとき、それは始まった。  キョンがハルヒの声に目を覚ますと、そこは灰色の世界……  閉鎖空間……キョンは直感した。  わからないのは古泉の能力でしか入れなかった場所にキョンがやすやすと入り込んでいること。そして何よりこの閉鎖空間自体にハルヒがいること。…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第13話(実質5話)「涼宮ハルヒの憂鬱V」

 今日は3本書いて半分忘れてたw  突如消滅(転校)してしまった朝倉さんの家に向かうことになったハルヒ&キョン。  朝倉は長門と同じ3年前に来ていた。  マンションを出たところに長門がいた。  すれ違いざまキョンに「気をつけて」と告げられる。  帰途、ハルヒは小6のとき野球を見に行った話を始めた。  球場にはあまりに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第12話(実質12話)「ライブアライブ」

 文化祭です。みくるんるんも上映。  ハルヒは映画のPRでバニーガール姿。  そしてキョンはみくるのクラスのやきそばメイド喫茶に。  鶴屋さん本当にいいキャラだ。  ※ メイド服にしては白いエプロン部分が多くってややオリジナリティ入ってますが。  そして暇を潰せる体育館にやってきたキョンだったが、ここでとんでもないこと…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第11話(実質13話)「射手座の日」

 コンピ研とのネットゲー「the Day of Sagittarius.Ⅲ」対決  文化祭からしばらくしてコンピ研がこのゲームで勝負を挑んでくるわけだが……  水平かつ高い打点のドロップキックハルヒ。  運がよければ「見えた」かもな。  コンピ研の目的は持っていかれた最高スペックPC  ※ 何も使ってないと言われている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第10話「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅳ」

 実質4話 朝倉さん(声:桑谷夏子)復帰&終了編  ※ 前回の「サムデイ イン ザ レイン」は実質最終回なので  ※ ここからは見ないという選択肢もあります。  ハルヒは何も起きない日常にふさぎこんでいた。  キョンは下駄箱の謎のメモに戸惑っていた。  放課後、メモの通りに教室に戻るとそこには朝倉さんがいた。  …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第9話「サムデイ イン ザ レイン」

 いきなり時間は12月。  SOS団ではキョンと古泉がカードゲーム  長門は読書  みくるは編み物をしていた。  ハルヒがいないと部室は静かである。  そこに飛び込んできたハルヒ。  文化祭でスポンサーになってくれた電気屋がストーブを提供してくれるというので  キョンに取りに行けと言う。  ※ というか肘…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第8話「孤島症候群(後編)」

 別荘の管理人が刺殺。  でも手帳を貫通+ハルヒには脈を取らせない時点でこれはフェイク確定。 (直接でなく手帳なら貫通してるように見せるフェイクツール用意するのは可能だし、ここでわざわざ殺人事件やるような作品じゃない。すっごく外側の意見だけど)  みくるは気絶。  ハルヒはキョンと現場に戻ろうとするが、執事に現場保存を理…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第7話「ミステリックサイン」

 長門「人間の尺度に換算するとこれは約436ペタバイトの情報を持つ」  前回「前編」を流したのに「後編」ではなくその前の話を持ってくるのがアレではあるが。  1学期期末テスト中からその後の試験休みで起こった「事件」の話。  テスト中にハルヒが作ったSOS団のエンブレムをHPのTOPに貼り付けさせられるキョン。  ※ これ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第6話「離島症候群(前編)」

 離島のてっぺんに巨大な洋館。しかも翌日から嵐になって島を出られなくなるのは基本。  世界構成者の涼宮ハルヒは古泉の計らいにより離島の別荘でSOS団の夏合宿を決行する。  メンバーはSOS団5人とキョンの妹。  バッグに入ってる様が10才女子だと思うと、かなりエロです。  しかしこのシチュエーション。ハルヒは推理小説的な…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第5話「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅲ」

 古泉「あなただけは間違いなく普通の人です」  話は前回からさかのぼって……  長門さんの「情報統合思念体」の「人間型インターフェイス」について。  転校生古泉があっさりSOS団に入団  そしていよいよSOS団としての活動が始まった……と思いきや  デート代わりと思っていたみくるは「自分は未来人」「詳しいことは禁則事項」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第4話「涼宮ハルヒの退屈」

 キョン「コイツがこんないい顔で笑っているとなぜか俺が疲れるからくりになっているのである」  時は6月、SOS団にはなぜか脈絡もなく加わった5人目の団員がいた。  そしてみくるはナース。ホワイトボード裏にはメイド服も……これは後半で。  そこにハルヒが持ってきたのはアマチュア野球大会のチラシ。  野球に参加してSOS団の…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第3話「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅱ」

 長門、お前までそんなことを言うのか。  ……とWikipediaの解説を見たら、ただの学園ハイテンションコメディではなく本当にSFらしいということがわかったので仕方がない。  SOS団結成から数日、部室にいろいろなものが増えてきたが、「コンピューターもほしいところね」とのことでコンピューター研究会(コンピ研)の部長に「四の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第2話「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅰ」

 ハルヒ「東中出身涼宮ハルヒ。ただの人間には興味ありません」  ハルヒ「この中に宇宙人未来人異世界人、超能力者がいたら私のところに来なさい」  2話ですが時系列にはここが1話。で、入学第一声から。  黙っていれば本当に1美少女高校生だが実は超奇人。  毎日髪形が変わり、着替え時間に男子がいても意に介することなく服を脱ぎだ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第1話

 なんだこれ。  朝比奈みくる(声:後藤邑子)主演の文化祭発表用の映画なのか。  いいねぇ。学生時代に自分も作ったよ。  これよりずっと構成はマシだけどつまんないヤツね。  アニメパートはマトモに作ってるわけで、問題は作画を支えなきゃならない脚本の重要性をひしひしと感じたそういう1話でした。  EDのダンスいいね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more