テーマ:シムーン

シムーン 第26話(最終話)「彼女達の肖像」

 アーエルとネヴィリルが飛び立って数年が過ぎた。  遠い過去でも時間は進んでいる。  成長したリモネは古代シムーンに乗って翠玉のリ・マージョンに挑むシヴュラたちを見送っていた。  ずいぶん前からドミヌーラは病に伏せっていた。  実を言えば病ではない。ドミヌーラはまだシヴュラだったのだ。  オナシア、そしてそれに代わったユン…
トラックバック:44
コメント:1

続きを読むread more

シムーン 第25話「パル」

 泉の向こう岸に現れたユンの姿に、7人のシヴュラは驚きを隠せなかった。  しかしロードレアモンは理解した。ユンはそれを選んだのだと。  パライエッタ「モリナス、君は何かやり残したことはないか?」  モリナス「古代シムーンで空に祈りを……ううん、操縦してみたかったかな?」  7人が泉に入る。  そして泉の中ほどまでやって…
トラックバック:23
コメント:3

続きを読むread more

シムーン 第24話「選択」

 コール・テンペストは解散。シヴュラたちは即刻泉に行って性別を決めさせられることになった。  しかしあまりにも早い決定に数日の猶予を申し出るグラギエフ。  かくしてアルクスプリーマでの最後の時間を得ることができたシヴュラたちだが……  ワポーリフもまた整備クルーからは外されることになった。  モリナスがやってくる。  …
トラックバック:133
コメント:4

続きを読むread more

シムーン 第23話「永遠の少女」

 宮国は連合軍の和平を受け入れる代償としてコール・テンペストの解散を強いられることになった。  アルクスプリーマ大聖堂にて行われた和平式典。  ロードレアモンとモリナスがテンプスパティウムの聖像を運ぶ。  互いの聖像の前にそれぞれの聖像を設置。式典は終了した。  ロードレアモン「もう祈りを捧げることだけに生きられるのね」 …
トラックバック:46
コメント:2

続きを読むread more

シムーン 第22話「出撃」

 古代シムーン5機に対してコール・テンペストは3機+1で対応。  さらに古代シムーンとは別に無数の飛行爆弾が。  パライエッタ「ビューラはシミュレで行ってくれ」  パライエッタ「我々は町を守るために飛行爆弾を破壊する」  カイム「古代シムーンは?」  パライエッタ「アルクスプリーマが護衛なしで迎え撃つことになるが……」 …
トラックバック:24
コメント:1

続きを読むread more

シムーン 第21話「新天地への扉」

 リモネとドミヌーラは生きていた。しかしそれは……  命令もないのにシムーンで飛び出したコール・テンペストは、司兵員に呼び出された。  司兵員「司令もなしに勝手に出撃など前代未聞ですぞ」  司兵員「自覚がおありなのか?」  アーエル「自覚?」  ネヴィリル「シムーン・シヴュラとしての自覚、誇りならばわたしたちそれぞれが持っ…
トラックバック:25
コメント:0

続きを読むread more

シムーン 第20話「嘆きの詩」

 マミーナの遺体はアルクス・プリーマの聖堂に安置された。  フロエは泣いていた。ロードレアモンはずっとマミーナの頭を撫でている。  ※ 髪がロードレアモンと同じ長さに切り揃えられてますな。  フロエ「リモネもドミヌーラもみんな死んじゃったんだ……」  フロエ「みんな、みんな死んじゃった。これからだって死ぬんだ」  フロエ「…
トラックバック:19
コメント:2

続きを読むread more

シムーン 第19話「シヴュラ」

 置いていかれたアーエルとユンも結局4機の後を追う。  命令無視だが、ワポーリフもグラギエフたちも黙認。  なんと言ってももうシムーンが残っていないのだ。追う事もできない。  メッシスに到着した8人を待っていたのは、コール・ルボルのヴューラだった。  コール・テンペストがアルクスプリーマに戻ってからは、メッシスに配属され…
トラックバック:21
コメント:0

続きを読むread more

シムーン 第18話「葬列」

 アングラスの遺体はアルクスプリーマ内の聖堂でテンプスパティウム式に弔われた  宮主も司兵院も敵国と同盟を結んでわが国に攻め入ろうとしている国の巫女を遺体とはいえ引き渡すわけにはいかない。微妙だが、その点で中央の意見が合致したのだった。  そしてアーエルとマミーナは葬列には参加できない。そんな身分ではないから、と  乗…
トラックバック:25
コメント:2

続きを読むread more

シムーン 第17話「遺跡」

 アルクスプリーマと併走するメッシス。  シムーンはすでにアルクス・プリーマに移動。今まで我慢を重ねてきた整備の交換チェックを開始する。  ※ ワポーリフ、その前髪邪魔っぽくないか?  礁国と嶺国は同盟を結び、総攻撃を仕掛けるのは時間の問題であった。  グラギエフ「また彼女たちに辛いお願いをしなければならないのですね」 …
トラックバック:24
コメント:0

続きを読むread more

シムーン 第16話「翠玉のリマージョン」

 メッシスにシムーンは2機しかいなくなった。  ドミヌーラは礼拝堂で祈りを捧げている。  シヴュラ部屋にはアーエル&リモネ&パライエッタ。  そこに無数の機影が確認される。  艦員「シムーンにあらず!」  メッシスの位置を探られたと判断した艦長は、メッシスを森の中に強制着陸。身を隠す。  戦闘配置につくシヴュラ4人。…
トラックバック:17
コメント:2

続きを読むread more

シムーン 第15話「1人、また1人」

 メッシスはまだ陸の上。  枯れ枝を拾うユン。薪ではなく、組んでゆりかごを作るという風習があるらしい。  そこにリモネがやってくる。ドミヌーラの容態はあまりよくないようだ。  ユン「ドミヌーラが何を見たのかわからんが、リモネ、お前がそばにいてやるといい」  リモネ「え、なんで?」  ユン「オレたちの中で一番ドミヌーラに近い…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

シムーン 第14話「冒さざるもの」

 隣国互いに同盟を結んで宮国を攻撃するつもりのようだ。  今回はシムーンの真相を知るべく神の乗機であるシムーンの解体に挑むワポーリフ(声:水沢史絵)の話。  着陸して休息を取ることになったメッシス。  ワポーリフがシャワーを浴びているとそこにモリナス。  モリナス「気にしないで。どうせ私も男になるんだし」  でもワポーリフ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

シムーン 第13話「理(ことわり)」

 カイムとアルティのパルの件は結局失敗ということになった。  シムーンに祈りが届かないという前代未聞のトラブルは、ドミヌーラ的には意外にせよシムーンの隠れた一面を見ることができたことが良い経験になるだろうと思っているようだ。  ドミヌーラ「パルを拒絶すること、それはシムーンを拒絶することに等しい」  敵の攻撃はなくヒマなシ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

シムーン 第12話「姉と妹」

 姉、カイムと妹、アルティのパルテスト  ドミヌーラは「姉妹のパルなら今以上のリ・マージョンが描けるはず」とは言うものの……  ※ ユンはタマネギが嫌い。  ※ マミーナはもうあれが正装か?  ユンをからかうフロエに好き嫌いなんてそんなものかと苦笑するカイムだが、  フロエ「大好きなパラ様にフラれたからって当たらないで…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

シムーン 第11話「共同戦線」

 地上部隊とシムーンの共同作戦  ロードレアモンは結局お下げを両方切ってショートヘアに。  ベッドの傾きが気になる彼女だが、マミーナがそれを調整してくれた。  2人の関係は良好になったようだ。  そこに成人した宮国の一般兵たちが乗り込んでくる。  一般兵たちは防衛線を守るため敵国に占拠された都市の奪還をする作戦を立…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

シムーン 第10話「籠の鳥」

 コール・テンペストは旧型艦メッシスで国境警備の任務についた。  アルクス・プリーマと違ってここでは  ・(ドミヌーラ以外)全員相部屋。もちろんネヴィリルも。窓も小さい。  ・ネズミがいる。  ・食堂は本当に機能重視。狭い。  ・シャワーからは最初赤い水が出る。  など旧式ならではの不具合がいっぱい。  搭載できるシム…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

シムーン 第9話「審問」

 アングラスの自爆テロで多くのシビュラやシムーンを失い、残ったコール・テンペスト。  「金剛石のリ・マージョン」で艦を守りつつ撤退へ。  防御系のリ・マージョンの中でも難易度の高い、それゆえに強固なこのリ・マージョンによって、艦は敵艦からの砲撃から逃れることができた。  しかし、コール・テンペストの解散は避けられない。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

シムーン 第8話「祈り」

 アングラス(声:松来未祐)の自爆テロ  隣国との和平交渉、向こう側には通訳として巫女が3人付いてきた。  多すぎないかと言う宮国代表。こちらも巫女を揃えようとするが  使節「あなた方の国の巫女は兵士ではないか」  アングラスは3人目の巫女と言うことで宮国側との人数の関係で会談場所に入ることができず、すでに任務もないコー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

シムーン 第7話「公海上空にて」

 コール・テンペストに最後の2人が補充。  深夜訓練を開始するコール。テンペスト。しかし6機目のシムーンとネヴィリルの復帰がなければコールにすらなれない。  儀礼用のリ・マージョンに臨むコール・テンペストだが、モリナスは集中力に欠けているようだ。  そこにもうひとつの艦が現れた。  いまや国境のすべての国を相手にしている…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

シムーン 第6話「傷と痛み」

 ネヴィリルはアムリアとの一件にまだ苦しんでいた。  任務中のコール・テンペスト  モリナス・ロードレアモン、リモネ・ドミヌーラ、アルティ・フロエ、パライエッタ・カイム  アーエルはネヴィリルの部屋の扉を叩いていた。  アーエル「アンタのせいでコール・テンペストはヌルい任務ばかりだ!」  腹を立てたアーエルは、扉と床に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シムーン 第5話 「白い孤独」

 リモネ(声:能登麻美子)登板回  久々に任務について演習を始めるコール・テンペスト。  しかし、リ・マージョンはアーエル・リモネ機が失敗。  モリナスがフォローしてなんとかその場はしのぐ。  かつては最強と呼ばれたコールの有様に、ドミヌーラが呼ばれた。  ※ これでシムーンに乗れるのかってくらい女性分有り余ってますな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シムーン 第4話「近い戦争」

 シムーンに乗るパルを探すため、アーエルはモリナスとシムーンで繰り出した。  もちろん待機命令違反、パライエッタに叱られる。  リモネ「エイのリ・マージョンを試そうとしたんでしょう」  アーエル「さすが天才」  リモネ「あんな簡単なこともできないなんて、ここは本当にコール・テンペストなのかしら」  ネヴィリルにパルに奈…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

シムーン 第3話「遠い戦争」

 アーエル同様補充要員になったモリナス(声:水樹奈々)登場。  整備中のシムーンに触ろうとしていたのを見つかったところからシムーン解説講座開始。  モリナスはアーエル同様テンプスパティウム(用語集準拠)への畏敬はない模様。    ※ 難解な世界観と固有名詞に対応すべく用語集ができました。まぁ自然な流れですが。  ※ あと使…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

シムーン 第2話「青い泉」

 アーエル「今、コレなら楽勝って言っただろ-!」  補充要因、アーエル。リ・マージョンのできない練習用シヴュラで「出撃」し、敵戦闘機を「体当たり」で撃破。  彼女は志願兵。戦争をするためにシムーンに乗る人間だった。  彼女はコール・テンペスト最強のシヴュラ、ネヴィリルとパルになりたがるがネヴィリルは同僚シヴュラ、エリー(声…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

シムーン 第1話「堕ちた翼」

 能登ナレーションだよ能登  いきなりディープ入りますかこのアニメは。  ……ってこれやらないとエンジンかからないってすごい設定だ。  17歳まで全員女性→17歳で性別決定ということで男性陣もどこかしらそんな感じが残ってますな。  神の乗機、シムーンが国境ではじめて落とされた、ということで。  行ってみれば敵の大群…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more